銀行と貸金業者の即日融資の違い

貸金業者である消費者金融が行っていた即日融資を、銀行も取り扱っています。銀行は金利が低いと言われていますが、即日融資のカードローンなどに関しては、消費者金融と左程変わらないものも見られます。銀行と消費者金融の即日融資とは、どういった違いがあるのでしょうか。


<銀行と消費者金融の即日融資の違い>

銀行も消費者金融も、即日融資のものについては、原則として無担保保証人不要です。しかし銀行には保証会社が付くことが多く、銀行の審査と保証会社の審査の両方が通過しなければ利用することができません。 銀行は審査が厳しいと思われがちですが、保証会社に貸金業者が付いていることによって審査のハードルも低くなっています。消費者金融やその他の貸金業者が保証会社となっている場合には、特にその傾向があります。その銀行の子会社が保証会社になっていると低金利が期待できますが、審査に今までのその銀行との取引状況も加味されるなど、若干ハードルが高くなります。即日審査が行われても実際に融資を利用出来るまでには少々時間を要することもありますので、そういった面で消費者金融が使いやすいと感じている人も見られます。また貸金業者は総量規制の法律を守らなければなりませんが、銀行は対象外です。 {PR}

(Comments are closed)